レイクを選ぶメリットとは

初めてのキャッシング

 

キャッシングをしようと思った時、どこから借りたらいいのか悩みませんか?
金融機関はたくさんあります。
自分の用途やサービス、条件などを考慮して、
ピッタリの金融機関で借りたいと思うはずです。
その中でも今回はレイクについての情報を記載しましょう。

 

 

  新生銀行カードローン レイク

 

 

レイクを上手に利用するコツ レイクを選ぶとメリットがいっぱい

 

レイクはCMでもよく流されているので、ご存知の方も多いかと思います。
以前は「ほのぼのレイク」という名称の消費者金融会社でしたが、
現在のレイクは新生銀行カードローンになりました。
消費者金融会社から銀行カードローンへ変わったのです。

 

あまり違いがわからない方もいると思いますが、大きな違いがあります。

 

消費者金融会社
貸金業法の総量規制(年収の3分の1が限度額)

 

銀行
銀行法が適用(総量規制なし)
金利の設定が低め

 

 

消費者金融会社のメリットは無利息サービスがあることです。
また審査についても、消費者金融会社のほうが通りやすいようです。即日キャッシングも可能です。
どちらにもメリットデメリットがありますが、それぞれの良いところ取りができたらいいと思いませんか?

 

それが、レイクなのです。

 

レイク

  1. 総量規制の対象外(借り入れ希望額が100万円超になる時には収入証明書の提示が求められる)
  2. 2つの無利息サービス
  3. スピード審査
  4. 申し込みから返済まですべてインターネット手続き可

 

  • 総量規制の対象外

年収の3分の1を超える借り入れをすることが可能なので、消費者金融機関で借り入れられる金額以上を借りることが可能です。
レイクの会員ページで設定すると返済日をメールで教えてくれるサービスがあり、これを上手に利用すればうっかり滞納するという事を避けることができます。

 

  • 「30日間無利息サービス」
  •  

  • 「5万円まで180日間無利息サービス」

30日間無利息のサービスは大手消費者金融機関でもありますが、
5万円まで180日間無利息というのは他社にはないので、レイクのオリジナルのサービスと言えます。
毎月5万円以下の返済であれば28万円までは「5万円まで180日間無利息」を利用したほうがお得になり、
それ以上のお金を借り入れる場合は「30日間無利息」を利用したほうが良いです。

 

  • ATM手数料無料

レイク専用ATMだけでなく提携ATMも手数料が無料なのが特長です。
ATMの利用手数料と言うのは一回当たり大抵108円〜216円ですが、
カードローンの利用と言うのは返済期間が長いことが多いです。
返済金額にもよりますが216円の手数料を2年続けると5184円、3年続けると7776円かかります。
これが無料になると考えるとかなりお得と言えます。
この金額分を返済に充てることもできますし、他の事に使う事も出来るでしょう。

 

 

  • ATM
  • Web返済
  • 銀行引落し
  • 銀行振込

レイクでは、自分に合った方法で返済できます。
これらの方法の中で手数料がかかるのが銀行振込なのでこの点だけ注意しましょう。

 

  • 即日融資

平日14時までに振込手続きを完了させれば即日振込キャッシングを行うことができますし、
申し込みとレイクカードの発行を自動契約機の営業時間内に済ませることができれば、
それ以降の時間帯でも融資を受けることが可能です。
ATMから引き出すことができるのでとても便利です。

 

  • レディースレイク

女性専用のサービスで担当オペレーターが全員女性で、在籍確認の連絡も女性が行ってくれますので安心して申し込むことができます。

 

 

レイクは銀行カードローンですが、金利が消費者金融会社とほとんど変わらないというデメリットもあります。
これらをデメリットと感じない方にはぜひレイクでのキャッシングをオススメします。

 

レイクの自動契約機が使える時間は?

現在ほとんどの消費者金融会社は自動契約機を用意して営業しています。
新生銀行のレイクも2011年まで消費者金融として営業していてそこから新生銀行に全てを譲渡したため自動契約機の設置があります。

 

ちなみに銀行カードローンで自動契約機を持っているのは
・新生銀行レイク
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
のみになります。

 

レイクの公式ホームページで、
「店舗・ATMのご案内」という項目を選ぶと、次のページで「都道府県から探す」、「キーワードから探す」を選択できます。
お好みの方法で検索することができます。

 

営業時間
平日・土曜日 8:45〜24:00
日曜日・祝日 8:45〜22:00
※第3日曜日8:45〜19:00

多くは上記の営業時間で運営しているとのことですが、
各自動契約機で異なる場合がありますので、公式ホームページで確認しましょう。

 

現在主流となっている申込方法はインターネットを用いた申し込みです。
来店不要で自宅のパソコンやスマホで申し込めるのでとても便利で人気だからです。
なぜ自動契約機が未だにこれほどあるのでしょうか?

 

@家族にバレずにレイクを利用するため
先ほどのインターネットで申し込みを行いレイクの審査を通過した後に、
レイクのローンカードを自動契約機で受け取る選択をして、そこでカードを発行するようにすれば自宅に契約書やローンカードが郵送されることがありません。

 

A即日融資のため
即日融資を希望していて、銀行振込の手続きが間に合わなかった場合、
自動契約機を利用することにより午後の遅い時間帯になっても融資を受けることが可能になります。
銀行振込の手続きは14時までに完了させておかないと即日振込のサービスを受けることはできません。
これに間に合わない場合は自動契約機を使ってレイクカードを発行して近くのATMからお金を出す事が出来ます。
土日祝日も同様の方法で申し込みからカード発行までを行えば、キャッシングでお金を引き出すことができます。
このように自動契約機の利用価値はまだまだあると言えます。

 

レイクではカードレスで契約できるの?

消費者金融の中では申込時にローンカードを発行せず、銀行振込で融資してもらえるサービスがあります。
有名な所ではモビットのWEB完結申込などがあります。
最近では新生銀行のレイクでもカードレスで契約できるようになりました。
ではどのようにすればカードレスになるのでしょうか?

 

レイク公式ホームページにアクセス

トップページ画面左側「お申込み開始」をクリック

金利の無利息期間サービスの説明と、貸付条件に付いての記載をよく読む

利用希望額と連絡先の登録

同意確認事項があるのでこれにもよく目を通す

「既定の内容及び注意事項すべてに同意する」という項目にチェック

「次に進む」

その後はホームページのガイドに従って必要事項を入力していきます。
全て入力し終えたら確認画面になり、間違いが無ければ申し込みを完了させます。
その後レイクが審査に入るので審査結果が出るまで待機します。
そうすると審査結果が出るのですが、そこで「カードレスでご契約の方」を選択することで「カードレス契約」を利用することができます。

 

カードレスで契約するメリットとデメリットは?

レイクの申し込みでカードレスで契約できるわけですが、カードレスにするメリットは何でしょうか?

 

  • カード紛失の心配なし

紛失してしまうと悪用されてしまう可能性があるのでとても心配です。
紛失届を警察に提出したり、レイクのコールセンターに連絡してカードの利用停止手続きを取る必要もあります。しかしカードレスならこれらの心配が無くなるわけです。

 

  • インターネットから銀行口座への振込手続きが簡単

パソコンやスマホからできるので、
いちいちATMにお金を借りに出かける必要がなくなります。

 

  • 郵送物がなくなる

郵送物がなくなるという事はカードローンを利用を家族に知られるリスクが大幅に減ります。
家族バレの9割が郵送物だとも言われているので、カードレスにする意味は十分にあると言えます。
同様の理由でカードが無いので財布の中身を覗かれても安心です。

 

ATMの利用が出来なくなるというデメリットもあります。
自由な方法でキャッシング出来ないというのもデメリットになるかもしれません。
普段は現金を使わずクレジットカードでお買い物をしている方などは、あまりデメリットに感じないかもしれません。
いずれにしてもカードレスにするかどうかよく考えてから申し込むことにしましょう。